2013-01-17

House of Pain


月曜に久しぶりの本格的な降雪が有りましたねぇ。
皆さんも、様々な困った事態が有ったかと思います。

翌朝、仕事で飯田橋から羽田まで・・・
首都高の八重洲線が現在使えませんから早くから多少混むのですが、
普段なら40分程度で到着でしょう・・・

道路状況は覚悟してましたよ、ええ。
早めに出たり対応したつもりでした・・・

読みは甘かった・・・
最寄りの西神田からは入れず、神田橋へ・・・
やはり入れません・・・
どうやら都心の高速入り口はほぼ全滅らしい・・・
仕方なくのろのろと第一京浜で進み、
平和島辺りで乗れるだろう・・・
やっぱり駄目でした。
たまに見える高速上はすいすいと走行している車が・・・
どっから入れたんだろう?

3時間かかって羽田着。



昨日の夕方、少し早めに帰れると喜んで、
東京駅に到着した横須賀線久里浜行きに乗り込んだんですが・・・

最初の案内は「踏切点検」との事でした。
まあしばらくすれば再開するでしょう・・・と。
だいぶ時間が経ちました・・・
ツイッター等で事態が深刻な事を知り、
皆しびれを切らして、他の電車を使うべく席を立ちます。
さらにだいぶ経ってから・・・
案内で「架線沿いの工事作業車が・・・」とのこと。
情報案内、遅いよ、がんばれぇ

動いている他の電車がどえらい混みぐあいなのと、
どうせ大船で足止めされるであろうという考えから、
まだ待つことにしました。

約2時間後に運転再開され、
事故現場の前を徐行で通過する際騒然としている様を垣間見ました。

3時間かかって鎌倉着。

事故に有った作業員の方は亡くなったとの事、
合掌。


例えば突然の降雪の時
例えば車が渋滞の時、
例えば電車が止まった時、

短期間に様々な「アクシデント」に遭遇して、
自分も含めた色々な対応の仕方・・・
改めて考えます・・・

余りにも利己的な考えの人が少なくない事、
しかも身近な所にも・・・
チェーンの取り付けも人任せにして帰路を急ぎたがるお方、
積雪の翌朝の事を考え、
あらかじめ除雪しておくべき事もほったらかしに、
逃げ去る様に帰って行ったあの方は、
東北出身だったはず・・・
残念な方々は、「ああならない様に心がけよう」
というサンプルとしましょう。



1995年の今日
阪神淡路の震災が有りました。

自分は・・・

その朝目を覚ますと、病室でした。
一瞬なぜ自分がここにいるのか思い出せませんでしたが・・・

部屋のテレビでは、
崩壊し燃え盛る町の様子が映し出されていました・・・

1月13日(金曜日・・・)の朝。
バイクで事故に遭い、救急車で運び込まれたのでした。
壊れた足を取り急ぎ処置して、
頭なんかを調べてもらうために点滴され続けたからでしょうか、
3日間ほとんど眠っておりました・・・

テレビを眺めながら、どこの国の災害だろう・・・と思ってました。
部屋の他の方々の会話から、
兵庫のほうの様子だと・・・

あの映像の中に居たで有ろう知人も多く、
当時の話は色々聞いています。
皆さんもそうでしょう。

そして・・・
東日本の震災・・・

今日の日は勿論ですが、

昨日や一昨日のような事態のときにも慌てる事無く
「ベスト」でなくても「ベター」な対応をとれる様に
勉強していきたいです。








































この写真は震災直後に皆さんに紹介した事が有りますが、
色々思い出せるのでとても気に入っている一枚です・・・
この時2011年3月11日14時30分位・・・



Today's Title&Music House of Pain
By Van Halen

2013-01-13

Skyfall





























鎌倉駅周辺では、お正月の三ヶ日交通規制が有り、一般の車は通行できなくしています。
我々居住している者は、役所で許可証を発行してもらい、
それを車に掲示する事により通行できます。
普段慢性的に混んでいるあの道路もこの路も、スムーズに通行でき快適です。
・・・が。
鶴岡八幡宮への参拝や観光等の方々がそれはもう沢山いらしていて、
なかには歩行者天国と間違えて車道を堂々とお歩きになっていたり・・・
少々お酒が入っておられるかと思われる、トリッキーな行動の方々も少なくないので、
運転にはいつも以上の注意が必要です。
































さてこの次期、特に初詣に来られる方々に、普段はこの辺りでは見かけないキャラ・・・
の方々を多く確認できます。
「どんなキャラか?」と聞かれても、お答えしにくいのですが・・・
しかもここには年中いろいろな国や地域の様々なキャラの人々が集まる訳何ですが。

何かこう・・・独特なんです・・・































そして、おそらく参拝に訪れであろう多くの方々が、どういう訳か・・・
海を目指している事に気づきます。
海岸では特にイベントもある訳でもなく、お店なんかも有りません。
早朝の日の出や、夕刻日没の時間でもありませんし・・・

続々と海岸に向かって寒空の中、行進する人々。

はいはい。
「そういう貴様は何の訳が有ってここに居住したのだ〜!」
という声が沢山聞こえた気がします・・・

おっしゃる通りで御座います。

人々を滑稽がっている場合では有りません。

人類はやはり、その昔、海から来たんですよ、えぇ。
母なる大洋が・・・呼ぶのです、我々を・・・
そして海の傍にいると、心休まるのです。






























長きにわたってお時間いただいておりますが、
間もなくショップ再開予定です。
もう暫くお待ちを・・・

Today's Title&Music
Skyfall By Adele 

Search This Blog