2008-04-28

Free Tibet

友人のBlogに興味深い記事が紹介されていた。
転載許可があるようなので、
紹介します。


(転載ここから)

聖火リレー、行ってきました。
まず皆さんにお願い。
この日記を転載、リンクして頂いてかまいません。
動画3つまでしか載せれないため、
動画ありと書かれたものは僕のメインページの動画にあります。

4/26日を振り返ります。

早朝、善光寺へ向かった。
Mちん、Tさん、F君、Yちゃんと5人で。

町には何台もの大型バスが乗り入れ、中国人が降りてくる。
僕らがそれぞれ旗を作り、プラカードを作り、前日からカラオケボックスで寝ていたのに対し、
彼らは中国大使館から支給された巨大な旗と、チャーターバスで堂々登場した。

善光寺参拝が終わり、街中へ。
とりあえず聖火リレー出発地点へ向かった。
ここで日本とは思えない景色を目にした。

出発地点に、中国の旗を持った人は入場できるが、チベットの旗を持った人は入れない。
警察の言い分。
「危険だから」
じゃあ、何で中国人はいいんだ?
「......ご協力お願いします。」

は?
それやらせじゃん。
中国国旗しかない沿道って、警察が作ってるんじゃん。

その時の抗議の様子




この後TBSの取材が来た。
チベットサポーターの1人が、
「日中記者交換協定があるから映せないのか?」とアナウンサーに聞いた。
アナウンサーは「は?勝手に叫んでれば?」
と吐き捨てて消えた。

街中に行くとどこに行ってもFREETIBETと叫んでいる。
そこに中国人が押し寄せ、罵声を浴びせてくる。


交差点で中国人と僕らが入り乱れた。
突然Mちゃんが顔面を殴られた。
僕は殴った中国人のババアを捕まえて、目の前の警察に言った。
「こいつ殴ったぞ!!」
警察は何もしなかった。

ババアが俺の手を噛んだ。手から血が出た。
警察と目が合った。
警察は何もしなかった。

ババアが僕の顔面を殴ってきた。
周りのチベットーサポーターが、
「おい、警察、現行犯だろ、捕まえろよ!!!!」
と言ったのに、
警察は何もしなかった。

これが抗議活動中じゃなかったら、普通にブチ切れて乱闘になってる。
でも非暴力を貫く為、ひたすら耐えた。

Mちゃんが1日かけて一生懸命書いたプラカードを、
中国人が叩き落とした。
拾おうとするMちゃん。踏みつける中国人。
「おい、てめー何やってんだよ!」と制止に入った。
2mくらいの距離に警察がいたが、何もしなかった。


街中いたるところで抗議合戦。
救急車が来たり大騒ぎ。
僕らはひたすら抗議活動をした。
(動画あり) ※削除された模様

雨が降ってきた。
それでも誰も抗議を辞めなかった。
中国人がかたまってる交差点を、
Tさんと旗を振りながら渡った。
沿道の中国人は蹴りを入れてくる。
とても沿道に入れず、車道を歩いていた。
警察が来て言った。
「早く沿道に入りなさい!!」
は?今入ったらボコられるじゃん。
なんで日本人の安全を守ってくれないの?
「じゃあ、あいつらに蹴りいれるの辞めさせろよ!!」と僕は叫んだ。
警察は「ご協力お願いします」と言った。


雨の中、聖火リレーのゴール地点へ向かった。
何故か中国人とチベットサポーターに分けられた。
警察は、「後で聖火の方に誘導するから。」と言った。
嘘だった。
ゴールの公園の外の何も無いスペースにチベットサポーターは閉じ込められた。
聖火なんか、どこにもなかった。
目の前には警察が何十人も取り囲んでいた。
こんな場所じゃ、声すら届かない。
数百人のチベットサポーターは、泣きながら警察に向かって叫ぶだけだった。
国境無き記者団もこちら側に来させられていた。
代表がマスコミのインタビューに答えていた。
(裏から撮影した動画あり) ※削除されたか?

聖火リレーがいつ終わったのかも分からないまま、
土砂降りの中僕らは叫び続けた。
この声を、伝えることすら出来ないのかと思ったら涙が溢れてきた。
MちゃんもF君も泣いていた。
こんなのってあんまりだ。
せめて伝えて欲しいだけなのに。
この叫びを聞いていたのは目の前に並んだ警察だけだった。




チベット人の代表が弾圧の現状を訴えた。
涙が止まらなかった。
内モンゴルの代表が弾圧の現状を訴えた。
涙がとまらなかった。

伝えたい。ただ伝えたいだけなのに、国家権力によって封殺された。
悔しい。悔しい。

日本は最低な国だ。
平和だ、人権だと騒ぐ割には、
中国の圧力に負けて平気でこういう事をする。
警察を使って。

帰りに携帯でニュースを見た。
「聖火リレーは無事終了。沿道は大歓迎ムード。」
「聖火リレーで日本人5人逮捕。中国人留学生に怪我。」

僕は愕然とした。
この国のマスコミは終わったと感じた。

あの怒号は、
僕らが受けた痛みは、
彼らの悲痛な叫びは、
どこに反映されたのだろう。


警察によって意図的に中国人のみの沿道を作り、
そこをマスコミは撮影し、
中国人の暴力を黙認して、日本人を逮捕する。
これが日本のやることか?
ここは本当に日本なのか?
中国の旗を持たないと歩けない沿道って何なんだ?

この国は最低な国です。
チベット人は泣きながらありがとうと言っていたけれど、
僕は彼らに謝りたかった。
初めて日本人であることを恥じた。

帰り道、僕らは泣いた。


これが真実です。
僕は日本政府は中国以下だと思った。
弾圧にNOを言えずに、言いなりになって彼らの叫びを封殺したこの国は、もう民主主義国家ではない。

4/26日長野。
そこには言論の自由はなかった。
歩行の自由すらなかった。
中国人を除いて。


追記:どなた様も、転載の許可必要ありません。
報告だけしていただけると、反応が見れて嬉しいのでお願いします。
動画が消えたりするるみたいですが、また報告していただけたら何度でも載せなおします。
マスコミの嘘つき。大嫌い。
FREE TIBET!!

(転載ここまで)

・・・これを読んで、皆さんさまざまな思いがお有りかと思います。
大切なのは「考えてみること」だと思います。

2008-04-21

Black star



















ザ・コンプリート・ワークス-完全版-(DVD付)(紙ジャケット仕様)

昔、気に入ってたバンドを久々に聴きたくなること、ありますよねぇ。
そんで手元にダビングしたテープしかない場合、「あぁ、これ、CDでも買おっかな・・・」
なんてことも多々有りますよねぇ。

でも・・・廃盤になってて・・・というか・・・過去にCD化すらされていない・・・ことも。

んが、しかし・・・最近そんなこちらの心を「まるっとお見通し」のように。

出てくるんですよ・・・ええ。
なんでですかね・・・

今日ご紹介するのも、そんな掘り起こされた名盤っすよ。ええ
Touchって皆さんご存知かしら・・・
あの、兄弟で野球でほろ苦い青春な漫画・・・とは違いますよ・・・(苦笑)

自分がこのバンドを始めて聴いたのは・・・
Cozy PowellとGraham Bonnetの男気が熱いRainbowの演奏目当てで買った
「Monsters of rock」(これもCDが・・・)でのライブ演奏。
当時、「こりゃカンサスの後継者かな・・・」
なんて、今後に期待してたんですが・・・
セカンドアルバムがお蔵入りになって、そのまま・・・

んが、しかしVol2!
このたび、その2ndまで(なんとプロデュースは、Todd Rundgren!)聴けるのね。

売れ行きが良かったら、再結成して、来日するかもしらんから・・・
皆さん・・・
Have you understood?

2008-04-18

All at Once















先日、Jack Johnson のコンサートイベントに行きました。
・・・イベントと付くのは・・・
コンサートのテーマが
「地球環境を考えよう」的な趣旨でして、
会場内にいくつかの団体のブースが設けられていたり、
とはいえ、堅苦しいものではなく、横浜の赤レンガそばの公園での
「野外プチフェス」といった感じの
実に心地よいライブ・・・のはずでしたが・・・
当日(4月13日)の横浜地方、天気が悪くて・・・
ぶち寒い!!
一応雨具と防寒の用意はしてきたのですが・・・
全然足りません・・・
気が付けば・・・
頭からタオルぐるぐる巻き、
合羽着込んで、
ビニールシートにくるまって・・・
ホームレスルックとでも言えばよいのか・・・
ダンボールがあったら即Inですね・・・
まあ、それはさておき、
演奏はとても素敵で(彼らも寒そうでした)、Jackの「ともだち」たちも楽しい演奏ばかりで。
とても心地よいひと時でした。

2008-04-02

Nobodys Fool



















嘘つき大統領のアブない最終目標

昨日は4月1日・・・April Fool
悪戯好きな方々はそれぞれ楽しまれたのでしょうか・・・
自分ももちろん、
前日の深夜から、「あまり不愉快にさせず、頓知の効いた嘘」
を考えるために、ネットで材料を探してたところ・・・
Yahoo!Japanを見ようとし・・・
↑クリックしてみてください。

やられました・・・
PCがヤラレタと思って、かなりびびりましたね、えぇ・・・
まぁ、そのあとしっかりあそびましたけど・・・
最近はネット上でもこの日手の込んだ悪戯が行われるのは知ってましたが・・・
油断してました。

人を騙すのは結構好きです、はい。
でも・・・
どこかの大統領みたいに人を不幸にする嘘は嫌いです

Search This Blog