2016-06-21

Kyrie

先日の父の日、本当はその日に上げたかったのですが、何度も見直してしまいまして…投稿が遅れました。




私の父は「登山家」でした…
この夏に3回忌を迎えます。
暫く時間が掛かりましたが、やっと皆さんにお話出来そうです……

登山家と言ってもスポンサーが付いて頻繁に大きな山々にアタックするような環境は無く、小遣いを貯めては仕事の休みをもらって登る。そういう暮らしです。
父の兄や友人らと、様々な冒険をしていたようです。
家のアルバムの沢山の写真を見れば、雄大な山々と共に写っている父達の姿から、冒険の数々を感じ取る事ができます。

父は母と結婚して子供(私)をもうけた頃には大きな登山、冒険はしなくなったようです。
家族を優先にして、危険やお金の心配が無いようにと考えての事だったのでしょう。
それでも家族のレジャーはアウトドアが多く、頻繁にハイキングやキャンプ、そして冬はスキー。
九州辺りの山々には何度も出かけましたね、ええ。

家族や知人と沢山の山に行きました。

今でこそ街中よりも、海や山にいる方が好きで、事あれば当時の経験が大いに役立ってますが、
実は子供の頃は…あまり好きではありませんでした…
何かと不便で、辛くて苦しいことが多いのですから…




唐突ですが、失礼ながら皆さんはお父上を尊敬していますか?
「当たり前じゃ無いか!」とお叱りを受けそうですが…
世の中様々な家庭、家族関係がありますんで…

かくいう私も…
以下は父の葬儀の時、お越し頂いた皆様に聞いていただいた話です…


子供の頃は父親の生き方に疑問を感じていました。
好きであろうデカイ山に行ったりすることを止め、
地味な会社員として文句も言わずに毎日朝早くから夜遅くまで…
夢とか諦めてしまったのか…
なんて思いながら…

なんて浅はかな思いで父親を見ていたのでしょうか…

家族優先の人生と心に決めて、
日々黙々と働き、疲れているだろうに休みの日も私達のためにアウトドアレジャーに繰り出し…
何時でも自分後回しで行動する。
誰もが避けたがる用件を引き受ける事も多く…
元々無口なタイプですが、愚痴の一つもこぼさない…
ましてや他人を責めない…

どの項目もなかなか難しい事だらけですよね。

今でも父親みたいに生きる事が如何に凄い事か痛感する日々です。

己の壮大な夢を追い続けることも大変ですが、
誰かの為に地道な暮らしを続ける事…
何れにしても、永く続ける事…
如何に難しい事でしょう。



無口でしたが、身をもって多くの事を教えてくれた父。
まだまだ教わりたかったですし…一番伝えたかった事が本人に伝えられませんでした…

お父ちゃん、尊敬しています。







Today's Title & music " Kyrie"
By  Mr mister

Search This Blog