2008-12-31

Masquerade Suite























今年は後半、ちいと忙しすぎたなぁ・・・
でも、世の中は忙しいどころか、えらいこっちゃ!
と言う方々も少なくないようで・・・
とりあえず新年を穏やかに向かえられそうな自分は、
幸せなんですネ。

あ!みなさんご無沙汰しておりました。

のんびり屋の私が珍しく忙しがった訳は・・・
年明けに、得意げにお知らせしたいと思います・・・たぶん・・・


ところで、
人間は体が不足しているものを無意識に欲するとか・・・
水分とか、甘いものとか、野菜とか・・・
あぁ・・・脂物は・・中毒の疑いがあります・・・

それって音楽にもあてはまるのかしら。

なんか、今までそんなことなかったんですけど、
classic music
がヒットしてまして・・・
「!! hanaがclassic !! 」(爆)なんて方も多数いらっしゃるでしょうが・・・
いや、本人も意外でした・・・

かみさん曰く、「相当疲れてるね・・・」と

そうなの?、でもこの冬まだ風邪ひいてない・・・

癒されてる!!
























道化師~ロシア管弦楽名演集

2008-10-03

Surrender























こちらのBlogはゆる~いペースでの更新ですが、
我が家の猫たちの日々をご紹介しております
「猫日和」
こちらはほぼ毎日更新されております・・・
みなさん、お楽しみいただけていますでしょうか・・・

さて、最初の写真・・・
輝く瞳が素敵なチャク姫ともうします。
猫のブログを通じて仲良くしていただいております、
「chaku in chains 」にて、毎回大活躍中。

このたびオーナーのchakuoさんが、
我が家の猫たちの素敵なムービーを
作製してくれました。
ホントカッコいい!
選曲もいい!
チャクオさん、ありがとう。



2008-09-20

Shot in the dark















Horrorはかなり好きです・・・
昔は、劇場でよく観てましたが・・・
最近はレンタルでも観てないなぁ・・・

ある時期から、がっかりすることが多くなって、
見なくなってきたのかも・・・

最近は本読む方が、多いかも。
想像力が沸き立ちます。

この本、昔のホラー映画のプチ情報がいいかも。
「観てなかったやつ、観ヨッカナ。」
「あぁ懐かしい・・・また観直そうかな・・・」
てな気分になります。

horror好きな方はどうぞ。
ホラー映画クロニクル (扶桑社ムック)

2008-09-17

Summertime Blues


夏は一番好きな季節です。
ゆえに、あっという間に
過ぎていきます。

仕事やら、なんやら、に追われて、
ゆっくり満喫できないうちに・・・





今年もこのまま、加速して過ぎてゆく気配が・・・
忙しくなることは、必至。

次の夏こそ、
ゆる~りと、夏を満喫したいもの・・・

2008-08-16

Show me the way
















連日熱戦が繰り広げられ、
自分もテレビに見入ってしまっている毎日・・・

外野では相変わらず不穏な動きもあり・・・
首脳陣は、
ひたすら競い合っている各国選手たちを見て、
なにか思うことは無いのかしら・・・

ところで、気になるニュースが・・・
「閉会式に、 Jimmy Page が出るらしい。
参考BARKSニュース
まだ噂みたいなもんらしいけど・・・

考えてみれば・・・
次回ロンドンオリンピックは、
開会式から楽しみだ・・・
・・・4年後・・・まだ先の話・・・

あ・・・写真は北京でなくて、香港でした・・・

2008-08-10

War is Over























オリンピックが始まりました。
蝋燭の明かりの元に・・・
長く、壮大なショーを、
これまでの、そしてまったく解決していない様々な問題を思い・・・
複雑な心境で見てました・・・

「野蛮な事が起こりません様に・・・」と祈りながら・・・
スポーツの祭典を楽しみたいと思っていたんですが・・・

現時点で詳しくは調べていないので分かりませんが、
またひとつ戦争が起こったようです。
楽しそうに行進していたグルジアの選手団に、
撤収の指令が出るようだとか・・・

開会式に嬉しげに参列していたロシアのボスは・・・
何を思っているのか・・・

2008-08-02

なのだ・・・















訃報・・・赤塚不二夫さん・・・(毎日JP)

自分にとっては人生哲学の参考にしていました・・・
彼のナンセンス考は、
「禅」と等しいと思っているのです・・・

可笑しいかしら・・・

合掌

2008-08-01

Candle4Tibet

いつものようにBlogめぐりしていたら・・・
実に興味深いイベントが行われることを知りました。

Candle for Tibet チベットに祈りの灯火を
http://www.candle4tibet.org/jp/


オリンピックは楽しみにしていますし、
安全に行われて欲しい・・
この活動によって、選手や関係者の皆さんに迷惑が掛かるのではないか・・・
いろいろ家族で思案した結果。

「あくまで、中国共産党、
  および
人権問題をないがしろにして
   オリンピックを
政治利用する
    やつらへの抗議」


として参加します

皆さんもリンク先HPをまずは見てみてください。
参加するしないは個人の判断ですから、そのことに関しては何もコメントはありません。

ただ、メジャーな報道ではまったくと言っていいほど紹介されない・・・
この、Candle Lighting Protest を、
皆さん考えてみてみませんか。

2008-07-31

Highway to Hell















AC/DC、7年ぶりに世界ツアー!(BARKS ニュース)

初来日の大阪城ホール・・・
高校さぼって・・・駅で寝て・・・行きました
18年後だっけ・・・横浜アリーナ・・・
会場が一体になりました。
彼らのライブはホントに本当に・・・楽しい!

再び見れるかも・・・
楽しみ・・・

2008-07-07

DUET

以前ここでも紹介した友人
大嶋吾郎久保田陽子
参照 2008-01-19 WhyCan'tThisBeLove

現在、シアタークリエで公演中の
ミュージカル「デュエット」
に出演しています。

正直に言いますと、自分は演劇、さらにはミュージカルが・・・
あまり好きではありません・・・

しかし身内となれば、話は違いますよ、えぇ
調べれば面白げなストーリーですし。

しかしGOROちゃんたちの、幅広い仕事振り、
おそらく、彼らの好奇心、チャレンジ精神、がそうさせてるのでしょうが。

尊敬します。

皆さんも、もしよかったら、多才な彼らを見てみてください。
ホント!歌上手いよ。

2008-07-05

MACHINE HEAD












これ、皮革用ミシンなんですよ。
なんか格好良いと思いません?
10年近く前に、下北沢だったかな、
同業者が使ってるのを始めて見て・・・

自分は機械縫いは、布部しか行わないので、
今のところ必要なさそうなのですが、
なんか興味有るんですよね~・・・

「機能美」・・・というのでしょうか。
あ・・・使ったこと無いので、機能的かどうかは・・・

専用工具や特殊機械って、美しいですよ・・・

2008-06-30

mission METALLICA

こんなblogパーツが配布されておりました。

いまどきの宣伝は、ネットワークの有効活用なのですね。



・・・かっこいい・・・何も言いますまい・・・

2008-06-29

Are We Not Men














「 DEVO がマクドナルドを訴える・・・」
なんてニュースがあって、
(記事 Barks)
考えました・・・

我が国では、昔から、才能あるアーチスト、やスポーツマン
が、少しでもユニークだったりすると、
もう、TVにひっぱりだこ・・・なのはいいんですが。
半ばお笑いタレント扱い・・・
ということが多々ありますねぇ・・・
まぁ、実際、面白いんですけど。
もちろん本人の承諾があったり、いやいや当人が積極的に・・・
であればよいのですが。
無断で、しかも不愉快にさせてはいけませんねぇ。
おそらくマクドナルド側の言い分は、
「無関係・・・」なんてとこでしょうが・・・

自分は「ボケ」タイプあるいは「M」なのか・・・
つっこまれることを希望して暮らしておりますが、
敬愛の感じられないつっこみは、
やはり不愉快です。

2008-06-19

Futurama














「Be Bop Deluxe」 という70年代前半に在ったバンドを皆さんご存知だろうか。

前に語った、いとこの兄ちゃんに借りたレコードの中に在った「FUTURAMA」
これも前に言いましたが、ヘビーでタイトなのが好みだった自分には、
当時、いまいちでした・・・

しかし今改めて聞き直せば、
70年代当時、これだけの多彩な楽曲を作り出すバンドは少ないでしょう。
ポップでハードで、グラムっぽくて、後々「ニューロマンティック」なんてジャンルも生まれましたが、
彼らは、当時、奇妙奇天烈で・・・・
よく言う、「時代が早すぎた」バンドなのでしょう。
後にリーダーのbill nelsonは高橋ユキヒロのバンドでギターを弾いてたりしましたが、
そのほかの活動は知りません。

「Be Bop Deluxe」のアルバムが「近々再発されるらしい」との情報があったので、(詳細未知)
久々に「カセットテープ」で聞きました・・・

1970年代にこんなことやってる彼らは・・・・「凄い才能です」




2008-05-31

Saints of Losangeles















Rockのあらゆるかっこよさ、を持ち合わせている「 Motley Crue 」
バンド存続の問題、悩みの多い彼らの、待望のNew!
色々あっても、出てくるサウンドがかっこいいのであれば、よいのです。

彼ら、いくつになってるのか知らないけど、
相変わらず、ほんと隙のないかっこよさですな、えぇ・・・
見た目から、性格も、頭も、ものすごい「悪」そうですが・・・
実は凄くクレバーなんだと思うのですよ、えぇ・・・
あこがれちゃいますね。

2008-05-04

at BUDOKAN



















先日、4月24日に 「Cheap Trick at 武道館 AGAIN」観て来ました。
前情報だと、「30年前の再現」ということで、
同じセット、曲順、との事で・・・
あの頃レコードと雑誌のグラビアでしか彼らを見聞きできなかった自分は、
伝説が生で再現される・・・と
楽しみにしていました。・・・友人からは、「内容が分かってるコンサートって・・・」
と半ばバカにされてしまいましたが・・・(苦笑)

結果は・・・
最初のアナウンスコール、1~2曲目は、まさしく再現で、場内はいっきにピーク。
観客の(大半がお嬢さん・・・方)絶叫も再現されていました(笑)
しかし3曲目が違って、前情報とは違いオリジナルのセットリストなんだなぁ・・・と。
でも、それでよかったと思います。
モチロン色々企画の面白さがあるかと思いますが、
最近までの曲、沢山聞けて・・・
我々は、期待どうり・・・いやそれ以上に楽しめましたから。
「at BUDOKAN」のアメリカでの予想外の売れ行きで、発表が1年遅れた
「DreamPolice」そして後半のたたみかけるヒット曲の演奏時は、
失神者が出るのでは・・・とも思える熱狂振りでしたよ・・・ええ

しかし会場には、
30年前にもココで彼らを見た「お嬢さん・・・方」が多数おられたようで。
その熱狂のエネルギーには・・・敬愛の思いです。

いくつになってもRockまたは他のことでも、
人の目を気にせず、好きなことにまい進する。
とても素敵です。

良い意味で、Cheap Trick もあの頃と変わらず、
観客の我々もあの頃と変わらず・・・

あいにくの天気で、少し肌寒い春の夜に、

なんだかほんわかとあったかい、とてもいい気分でした・・・

2008-04-28

Free Tibet

友人のBlogに興味深い記事が紹介されていた。
転載許可があるようなので、
紹介します。


(転載ここから)

聖火リレー、行ってきました。
まず皆さんにお願い。
この日記を転載、リンクして頂いてかまいません。
動画3つまでしか載せれないため、
動画ありと書かれたものは僕のメインページの動画にあります。

4/26日を振り返ります。

早朝、善光寺へ向かった。
Mちん、Tさん、F君、Yちゃんと5人で。

町には何台もの大型バスが乗り入れ、中国人が降りてくる。
僕らがそれぞれ旗を作り、プラカードを作り、前日からカラオケボックスで寝ていたのに対し、
彼らは中国大使館から支給された巨大な旗と、チャーターバスで堂々登場した。

善光寺参拝が終わり、街中へ。
とりあえず聖火リレー出発地点へ向かった。
ここで日本とは思えない景色を目にした。

出発地点に、中国の旗を持った人は入場できるが、チベットの旗を持った人は入れない。
警察の言い分。
「危険だから」
じゃあ、何で中国人はいいんだ?
「......ご協力お願いします。」

は?
それやらせじゃん。
中国国旗しかない沿道って、警察が作ってるんじゃん。

その時の抗議の様子




この後TBSの取材が来た。
チベットサポーターの1人が、
「日中記者交換協定があるから映せないのか?」とアナウンサーに聞いた。
アナウンサーは「は?勝手に叫んでれば?」
と吐き捨てて消えた。

街中に行くとどこに行ってもFREETIBETと叫んでいる。
そこに中国人が押し寄せ、罵声を浴びせてくる。


交差点で中国人と僕らが入り乱れた。
突然Mちゃんが顔面を殴られた。
僕は殴った中国人のババアを捕まえて、目の前の警察に言った。
「こいつ殴ったぞ!!」
警察は何もしなかった。

ババアが俺の手を噛んだ。手から血が出た。
警察と目が合った。
警察は何もしなかった。

ババアが僕の顔面を殴ってきた。
周りのチベットーサポーターが、
「おい、警察、現行犯だろ、捕まえろよ!!!!」
と言ったのに、
警察は何もしなかった。

これが抗議活動中じゃなかったら、普通にブチ切れて乱闘になってる。
でも非暴力を貫く為、ひたすら耐えた。

Mちゃんが1日かけて一生懸命書いたプラカードを、
中国人が叩き落とした。
拾おうとするMちゃん。踏みつける中国人。
「おい、てめー何やってんだよ!」と制止に入った。
2mくらいの距離に警察がいたが、何もしなかった。


街中いたるところで抗議合戦。
救急車が来たり大騒ぎ。
僕らはひたすら抗議活動をした。
(動画あり) ※削除された模様

雨が降ってきた。
それでも誰も抗議を辞めなかった。
中国人がかたまってる交差点を、
Tさんと旗を振りながら渡った。
沿道の中国人は蹴りを入れてくる。
とても沿道に入れず、車道を歩いていた。
警察が来て言った。
「早く沿道に入りなさい!!」
は?今入ったらボコられるじゃん。
なんで日本人の安全を守ってくれないの?
「じゃあ、あいつらに蹴りいれるの辞めさせろよ!!」と僕は叫んだ。
警察は「ご協力お願いします」と言った。


雨の中、聖火リレーのゴール地点へ向かった。
何故か中国人とチベットサポーターに分けられた。
警察は、「後で聖火の方に誘導するから。」と言った。
嘘だった。
ゴールの公園の外の何も無いスペースにチベットサポーターは閉じ込められた。
聖火なんか、どこにもなかった。
目の前には警察が何十人も取り囲んでいた。
こんな場所じゃ、声すら届かない。
数百人のチベットサポーターは、泣きながら警察に向かって叫ぶだけだった。
国境無き記者団もこちら側に来させられていた。
代表がマスコミのインタビューに答えていた。
(裏から撮影した動画あり) ※削除されたか?

聖火リレーがいつ終わったのかも分からないまま、
土砂降りの中僕らは叫び続けた。
この声を、伝えることすら出来ないのかと思ったら涙が溢れてきた。
MちゃんもF君も泣いていた。
こんなのってあんまりだ。
せめて伝えて欲しいだけなのに。
この叫びを聞いていたのは目の前に並んだ警察だけだった。




チベット人の代表が弾圧の現状を訴えた。
涙が止まらなかった。
内モンゴルの代表が弾圧の現状を訴えた。
涙がとまらなかった。

伝えたい。ただ伝えたいだけなのに、国家権力によって封殺された。
悔しい。悔しい。

日本は最低な国だ。
平和だ、人権だと騒ぐ割には、
中国の圧力に負けて平気でこういう事をする。
警察を使って。

帰りに携帯でニュースを見た。
「聖火リレーは無事終了。沿道は大歓迎ムード。」
「聖火リレーで日本人5人逮捕。中国人留学生に怪我。」

僕は愕然とした。
この国のマスコミは終わったと感じた。

あの怒号は、
僕らが受けた痛みは、
彼らの悲痛な叫びは、
どこに反映されたのだろう。


警察によって意図的に中国人のみの沿道を作り、
そこをマスコミは撮影し、
中国人の暴力を黙認して、日本人を逮捕する。
これが日本のやることか?
ここは本当に日本なのか?
中国の旗を持たないと歩けない沿道って何なんだ?

この国は最低な国です。
チベット人は泣きながらありがとうと言っていたけれど、
僕は彼らに謝りたかった。
初めて日本人であることを恥じた。

帰り道、僕らは泣いた。


これが真実です。
僕は日本政府は中国以下だと思った。
弾圧にNOを言えずに、言いなりになって彼らの叫びを封殺したこの国は、もう民主主義国家ではない。

4/26日長野。
そこには言論の自由はなかった。
歩行の自由すらなかった。
中国人を除いて。


追記:どなた様も、転載の許可必要ありません。
報告だけしていただけると、反応が見れて嬉しいのでお願いします。
動画が消えたりするるみたいですが、また報告していただけたら何度でも載せなおします。
マスコミの嘘つき。大嫌い。
FREE TIBET!!

(転載ここまで)

・・・これを読んで、皆さんさまざまな思いがお有りかと思います。
大切なのは「考えてみること」だと思います。

2008-04-21

Black star



















ザ・コンプリート・ワークス-完全版-(DVD付)(紙ジャケット仕様)

昔、気に入ってたバンドを久々に聴きたくなること、ありますよねぇ。
そんで手元にダビングしたテープしかない場合、「あぁ、これ、CDでも買おっかな・・・」
なんてことも多々有りますよねぇ。

でも・・・廃盤になってて・・・というか・・・過去にCD化すらされていない・・・ことも。

んが、しかし・・・最近そんなこちらの心を「まるっとお見通し」のように。

出てくるんですよ・・・ええ。
なんでですかね・・・

今日ご紹介するのも、そんな掘り起こされた名盤っすよ。ええ
Touchって皆さんご存知かしら・・・
あの、兄弟で野球でほろ苦い青春な漫画・・・とは違いますよ・・・(苦笑)

自分がこのバンドを始めて聴いたのは・・・
Cozy PowellとGraham Bonnetの男気が熱いRainbowの演奏目当てで買った
「Monsters of rock」(これもCDが・・・)でのライブ演奏。
当時、「こりゃカンサスの後継者かな・・・」
なんて、今後に期待してたんですが・・・
セカンドアルバムがお蔵入りになって、そのまま・・・

んが、しかしVol2!
このたび、その2ndまで(なんとプロデュースは、Todd Rundgren!)聴けるのね。

売れ行きが良かったら、再結成して、来日するかもしらんから・・・
皆さん・・・
Have you understood?

2008-04-18

All at Once















先日、Jack Johnson のコンサートイベントに行きました。
・・・イベントと付くのは・・・
コンサートのテーマが
「地球環境を考えよう」的な趣旨でして、
会場内にいくつかの団体のブースが設けられていたり、
とはいえ、堅苦しいものではなく、横浜の赤レンガそばの公園での
「野外プチフェス」といった感じの
実に心地よいライブ・・・のはずでしたが・・・
当日(4月13日)の横浜地方、天気が悪くて・・・
ぶち寒い!!
一応雨具と防寒の用意はしてきたのですが・・・
全然足りません・・・
気が付けば・・・
頭からタオルぐるぐる巻き、
合羽着込んで、
ビニールシートにくるまって・・・
ホームレスルックとでも言えばよいのか・・・
ダンボールがあったら即Inですね・・・
まあ、それはさておき、
演奏はとても素敵で(彼らも寒そうでした)、Jackの「ともだち」たちも楽しい演奏ばかりで。
とても心地よいひと時でした。

2008-04-02

Nobodys Fool



















嘘つき大統領のアブない最終目標

昨日は4月1日・・・April Fool
悪戯好きな方々はそれぞれ楽しまれたのでしょうか・・・
自分ももちろん、
前日の深夜から、「あまり不愉快にさせず、頓知の効いた嘘」
を考えるために、ネットで材料を探してたところ・・・
Yahoo!Japanを見ようとし・・・
↑クリックしてみてください。

やられました・・・
PCがヤラレタと思って、かなりびびりましたね、えぇ・・・
まぁ、そのあとしっかりあそびましたけど・・・
最近はネット上でもこの日手の込んだ悪戯が行われるのは知ってましたが・・・
油断してました。

人を騙すのは結構好きです、はい。
でも・・・
どこかの大統領みたいに人を不幸にする嘘は嫌いです

2008-03-28

Now I'm Here



















↑子供の頃から気になっている、
「3mの宇宙人」詳しくはこちら





















↑有名な写真

「エイリアン展」て言うのが開催されています。
まじめです。公式HP http://www.miraikan.jst.go.jp/j/sp/aliens/index.html
会場の「日本科学未来館」は、毛利衛さんが館長ですから、
かなりまじめですよ、ええ。

思うんですけど、
毛利さんは・・・
きっと・・・
逢ったんですよ・・・
だから・・・
こんな展示会・・・

見たくなったでしょ・・・

でも・・・
行ったら・・・

帰ってこれるのかな・・・・

2008-03-05

Paint It Black













「M・ジャガー、嵐のおかげで暗殺免れる!」 [ロイター]

すげー!おっかねー!
と思って、記事を読んでみて・・・

未遂に終わった原因・・・
絵が頭に浮かんで・・・
なんかかわいい感じがして・・・
不謹慎ですかね・・・

2008-02-26

感謝する死者・・・Grateful Dead













THE GRATEFUL DEAD、オバマ氏応援のために一日限りの再結成!
詳しくはこちら(bounce.com)












アメリカの大統領選て、国を挙げてのお祭りですよね、いつも。
アカデミー賞で賑わう映画界でもどちらを支持するのか
表明している俳優が話題になったり。
著名人、文化人、アーチスト、モチロン一般人も、
自分の政治思想を堂々と掲げ。
そこらじゅうで、討論、応援、集会。
自分の国のBOSSを決めることによって、
自分たちの未来が左右されるのだから、当然なのだけど。

わが国では、BOSSを決めるのに、直接投票ではないからか、
参加してる感が薄いし、
なんかBossって感じがしないし・・・(失礼)
有名人も、仕事に差しさわりが出るのか、
公で政治思想を表すのが控えられてるようですし。
わが国も、皆で盛り上がれるにはどうしたらいいんですかねえ。

・・・・・
しかし一番気がかりなのは・・・
The Deadのほとんどのメンバーの健康状態です・・・

2008-02-14

Walking on the Moon



















観ましたよ、The Police In Tokyo Dome
期待以上にかっこ良かったですよ、ええ。
演奏めちゃ上手いし、結構リハやったんですかねえ、アレンジとかも、
こじゃれてまして、はい。

あぁ、今回前座があったんですが、それがなんと、スティングのご子息のバンドで・・・
結構いけてますぞ。
一声(彼はベース、ボーカル)聞くと「ああ、ご子息だ・・・」て思わずにやけます。
MCで、えらく日本語が達者なので、サービス精神旺盛だなぁ・・・
と感心してたら・・・なんと!東京在住らしい・・・
どこだろ?
今後が楽しみですな。
頑張れ、"Fiction Plane"

そんで、Policeのこの日の演奏は・・・

2008_2_13_TokyoDome
01. Message in a Bottle
02. Synchronicity II
03. Walking on the Moon
04. Voices inside My Head
05. When the World is Running Down
06. Don't Stand So Close to Me
07. Driven to Tears
08. Hole in My Life
09. Every Little Thing She Does is Magic
10. Wrapped Around Your Finger
11. De Do Do Do, De Da Da Da
12. Invisible Sun
13. Walking in Your Footsteps
14. Can't Stand Losing You
15. Roxanne
Encore 1
16. King of Pain
17. So Lonely
18. Every Breath You Take
Encore 2
19. Next to You

以上の曲目で、たぶん・・・
思い出しなんで、間違ってたらすまぬ・・・

メンバーの機嫌もよさげで、演奏中のコミュニケーションも楽しく、
それでいて、丁寧でタイトな演奏、上手い上手い。
すごく素敵な”おじさん”たちでしたね。

悪評高いドームの音響ですが、今回は良かったような気がします。
きっとサウンドエンジニアが良い仕事したのでしょう。

この日の東京は記録的な寒さでしたが、
ホント観てよかった・・・

追記
こちらから再結成秘話のインタビューが見れます
スティングご子息バンド”Fiction Plane”はこちらから
見たり聴いたり出来ますぞ。



2008-02-05

In Side Out



















ポリス インサイド・アウト (JAPAN EDITION)

洋楽を聞き始めた頃、
ニューウェーブとかパンクが全盛で、
どの音楽雑誌を買っても、
ライダースやスーツをタイトに、着こなし
細い足、針鼠のようなヘアースタイルの彼らに・・・
えらい衝撃を受けましたね、ええ。
JAMのポールウェラーやクラッシュのジョーストラマー(故)、
なんといってもTHE POLICEのスティングには
相当憧れたものですよ・・・

当時の雑誌では、
ヘビーロック系の方々は、
プライベートショットが、失礼ながらダサくて、滑稽なのが多くて・・・
(それでも十分憧れてましたが)
パンク系の方々はどの写真も尖がっていて、
危険で、素敵でした。

ポールもスティングもソロではインテリなロックを披露してくれて、
ますますかっこよいおじさんになっていきましたねえ・・・

THE POLICE 再結成、見に行きますよ・・・
角が丸いとこも、相変わらずとんがってるとこも。
さらにドンダケ格好良くなってんのか。

楽しみです。

2008-01-19

Why Can't This Be Love

先日、ものすごく久しぶりの友人と再会した。
十数年ぶりでした。

かつては、同じ夢を持ち、ほとんど毎日、
苦楽を共にしてましたが・・・
それぞれ違う方向へ歩みだし・・・
やがて疎遠に。

そんな「かつての友」は誰でも多かれ少なかれいるでしょうが。
どうしても再会したいと思う人は、正直そんなにはいませんでしょう?
まあ、縁があれば・・・的感覚程度で。

自分も過去の思い出にふけるほど、老いぼれてはいませんし、
そんな暇があれば現在、未来を考えているほうが楽しいですし・・・

幸い現代のPCネットワーク環境はすばらしく、偶然友人を発見!なんてみなさんも有るでしょう?
自分も偶然を見つけました。

めったにない「どうしても逢いたいなぁ・・・」という衝動から
アクションを起こして、向こうも快く受けてくれて・・・
先日の再会が実現しました。

無論、愉快な昔話に華は咲きましたが、
それよりも・・・
今回、珍しく「再会したい」と思った訳が、わかりました。

「これから」が楽しみになってきたのです。

自分でも分かってなかったんですが、
直感だったのかもしれません。

彼が最近の作品(CD)をくれました。
すごく良いです。センスが良いです、
Why Can't This Be Love
最初、誰の曲だか気が付きませんでした・・・
皆さんにもぜひ聞いてもらいたいと切に思いますね、ええ。

これからまた刺激しあえる良い友人を
再開したいです。

Goroちゃん、またよろしく。

2008-01-12

Dream of Passion

友人に
「 大倉一哲 」という若い俳優がいる。
自分はもともと、舞台の芝居が余り好きではない・・・
あの独特のせりふ回しや大きな身振り手振り・・・
なんか、引いてしまう・・・
今までも知り合いに誘われたり、義理で観劇しましたが、ピンと来なくて。

彼とは仕事で知り合ったんですが、
歳も離れてるし、趣味も違う、
ましてやこちらは舞台芝居が苦手・・・
しかしなぜか彼は芝居のこと、次にやる舞台のこと
(彼はテレビやフィルムはやらない)色々話してくる。
ここで普通なら適当に生返事でやり過ごすとこですが・・・
なぜか面白くて、逆にこちらから質問してみたり・・・
彼からなにか問いかけがあると、芝居のことは分からないので、
自分の仕事や、音楽のことで参考比喩な話をしてみる・・・
彼もそういうのを、真摯に聞いてくれる。

愉快だ。

気が付いたんですが、
ジャンルが違った人との「建設的な」話は、
実に楽しい。

おのずと時間が有れば彼の舞台へ自然に足が向き・・・

まったく知らないのは分からないけれど・・・
少なくとも彼の出演している舞台は楽しく拝見しています。ええ

現在彼は新宿で「Dream of Passion」に出演中。
詳細は 公式HP で・・・
少し前には「Waiting For The Sun」天気待ち
にも出演してました。

興味あればぜひ見てやってくださいな。
彼以外にも魅力的な若い役者が多数、しのぎを削っています。

2008-01-03

Hello 2008















みなさん、恭賀新年。
今年も、この奇妙なブログにお付き合いいただけるのですね・・・
どうぞよろしく。

暮れから年明け、楽しいTV番組がいくつかありましたねぇ。
そして新年と共にCMも新しくなり、最近は年間シリーズっぽいCMも多くて、
子供の頃からCM好きなわしは、結構楽しんでいます。ええ。

なかでも自動車のは面白いねえ。
サンダーバードみたいに出てくるのとか・・・
NISSANのCM「アラウンドビューモニター」・・・て何?

HPで見て・・・なんか解ったような・・・なるほどね・・・
てっきりカメラが潜望鏡みたいにビヨーンと伸びるか、
プチ衛星でも付いてくるのかと・・・思ってましたよ。

これならワシみたいなへっぽこドライバーも、安心。
でもこれ・・・普通に運転中に使ったらどうなるんでしょ?

Search This Blog